desant
40歳くらいになって、まだ一度も、「この前と同じレベルの成果を出すのに、次は前回より3割、かかる時間を減らすには、どんな方法があるんだろう?」と考えたことのないような人は、まじで「それはとてもヤバい状態なのだ」と理解したほうがいいですよ。
zenigata:

2chan.net [ExRare]

zenigata:

2chan.net [ExRare]

よく言われる事だが告白は一か八かじゃない
単なる確認作業だ
イルカは賢いから食べちゃだめ
  ↓
  じゃあバカなイルカ食っちゃおうぜ
  ↓
  イルカはみんな賢いよ
  ↓
  いやいや、お前みたいなバカな人間もいるんだから友達のイルカにもバカはいるさ
  ↓
  賢いイルカとバカなイルカをどうやって判別するの?
  ↓
  捕まったイルカ
zenigata:

2chan.net [ExRare]

zenigata:

2chan.net [ExRare]

「うちでは、責任ある人材を求めています」
「それなら僕が適任です。今までずっと
何かあるたびに僕の責任だって言われ続けてきましたから」

親父の昔の部下が、転勤して行った先で自殺したらしい。

親父のもとにいた時からコミュニケーションが

上手くとれなくて職場でいろいろ苦労したらしい。

「薬を飲み続けてれば本当に自殺しなかったのか?」

とか聞かれた。わからないとしかいえなかった。

親父はふつうの公務員で、

仕事のあまり出来るほうじゃなかったその人に、

いろいろ世話をやいてやったらしい。

「愛想は悪くなかったが、気分の上がり下がりがあった」という。

仕事は一緒に出来てるから、無理に精神科に

引っ張っていくことはなかったけど、

心配はしていたらしい。

親父が言うには、上司として見ていて、

決して仕事が出来るほうじゃないんだけれど、

本人は「出来る」と見られたがっていたらしい。

すごく最初は愛想が良くて、何でもやろうとするけど、

負荷がかかるとすぐ萎んでしまう。

それに助け舟を出して、親父の部署にいた頃は

グダグダだったけど最後まで仕事は全うできたらしい。

移動した先での評価は「明るくて、頑張ってやれている」

との評価だったらしく、心配要らないといわれて

親父はほっとしていたらしいけど、

「グダグダと」だったその彼を「やれている」と見る上司って

要はちゃんと面倒見てないってことだから、

その彼はきつかったんだろうな、

アクセルを吹かし続けて、限界を超えちゃったんだなと思った。

そんな話を実家で飲みながらしていると、親父が

「能力以上に評価を求めてしまうことが、彼自身を追い詰めてしまったんだな」

とか言い出した。親父なりに、その彼が卑屈にならないように

評価しながら出来る仕事を当ててたらしいけど、

本人が「もっと出来る」といいだして、それを与えると自滅する・・・

だからコミュニケーションがとりにくかったらしい。

彼自身の「こんなもんじゃない。俺はもっと認められるべき」

そんな思いが、彼を追い詰めてたんだろうな・・

家族もわかってなかったし・・・・とか話す。

で、「俺は病気のことはわからんけれども、

こういうのが薬を飲めば治るというのはどうも信じられん。

ほんとに薬で治るのか?」とか言われて参ってしまった。

だから精神科は治癒っていえなくて、軽快というんだけど。

しかし、素人の意見は専門家よりずっと本質を突いていると思う。

研究者たちは、研究対象とした分野全体として、練習量が技量の差の原因のわずか12%しか占めていないことを発見しました。
本当に驚くべき点は、練習量が技量に与える影響の大きさが、分野によって異なるという点です。
ゲームでは、練習量が技量の差の原因に占める割合は26%でした。
音楽では、21%でした。
スポーツでは、18%でした。
教育では、4%でした。
専門職では、わずか1%でした。
午後のこ〜だの名称は、かつてアングラサイト上で「MP3」を逆綴りで「3PM」とし、そこから「午後3時」「午後」と呼んでいた隠語に由来する。MP3のエンコーダ、すなわち午後のこ〜だとなる。また、キリンビバレッジの『午後の紅茶』にかけた駄洒落でもある。
昔、ジョンレノンの影響でアメリカにヒッピーが大増殖しましたが、そのヒッピーたちがその後どうなったか?
多くがまともな職にもつけず、惨めに生きています。
ヒッピーくずれで薬に溺れ死んだ人もものすごい数です。
そりゃあジョンレノンはいいですよ、自由に生きてもカネが入ってきますから。
でも自由に生きていいのはジョンレノンだけだったのです。
nobabaclip:

2014年7月27日
直線運動のはずが。

nobabaclip:

2014年7月27日

直線運動のはずが。

master-bruce-wayne:

This is exactly why we have this technology

shadowcameron:

【すき屋】(ゼンショーホールディングス)
「言えないような肉使ってます」
#受験 #就職 #面接 #卒業 #育児 #教育 #mama #cat #dog #newsjp
http://drdinl.jp/blog-entry-490.html

shadowcameron:

【すき屋】(ゼンショーホールディングス)

「言えないような肉使ってます」

#受験 #就職 #面接 #卒業 #育児 #教育 #mama #cat #dog #newsjp

http://drdinl.jp/blog-entry-490.html

金箔の貼られた屏風なども、上からの照明で見ると背景が黒く沈んでしまいます。けれども、屏風と云うものが置かれた環境を考えた時、上から照明が当たることは本来考えられません。昔は天井に照明はありませんから、基本的には昼は窓から、夜は燭台からの横に入ってくる光の下で見たはずです。横から光を当ててみると、金箔と云うのは透けて見えるのです。
 これを美術館で体験するには、しゃがんで見るのが一番です。少し見上げるようにして見てみると、光の入射角が変わって、途端に金がふわっと明るくなります。奥行きが出て、一種のイリュージョンのように感じられるはずです。
『ヘンな日本美術史』 山口晃 祥伝社 P78 (via manmaruhana)